奈良県川西町 結崎駅8800人フューチャーセッション
© Yuzaki Station, Kawanishi Town, Nara, Japan  produced and designed by Yasuyuki KAWANISHI + ICHIBANSEN / nextstations

  • Facebook - Grey Circle

FS分析・結崎駅周辺イメージ模型公開!

2017年1月22日(日)川西文化会館二階にて、第五回フューチャーセッションを開催。

残り二回となったフューチャーセッションは前回に引き続き多くの方々にご参加いただき、午前・午後の2回に分けての開催となりました。

川西町のごあいさつからフューチャーセッションがスタート!

January 22, 2017(Sun), the fourth Future Session has started at Kawanishi Cultural Center. 

The same as before, many citizens has joined the session this time.

 

 

これまでのフューチャーセッションと同様に、プロジェクトにおけるフューチャーセッションの位置づけと注意事項を説明。

 

第五回目のテーマはこれまで皆さまにいただいたご意見のおさらいです!

Beginning with a review of the Future Sessions till now,

it describes the status of the Future session in the project.

Today's theme is ,"review Future session's past"

 

これまでのフューチャーセッション4回と小学校・幼稚園の特別版にて意見交換しつつ発表いただいた内容を基に、

「どのようにまとめ、どのように計画に反映させ、今後どのように進めるか」

まずはその全体の流れを説明。

 

次に「どのようにまとめ」は駅前で行った利用者アンケートも加えて、

 

「地上駅か?橋上駅か?」

 

「結崎駅で何をしたい?」

 

「常設?仮設?どこで?」

 

「広場・ロータリーをどう活用する?」

 

フューチャーセッションでいただいたご意見をテーマ毎に分類・分析した結果を発表!

Based on the contents announced while exchanging opinions at the past Future sessions, "How to summarize, how to take advantage of the plan and how to proceed in the future" First of all I explained the overall flow.

We announced the results of classifying and analyzing opinion received at Future Sessions for each theme!

 

 

地上駅?橋上駅?では、どちらの構造でもニーズを満たせる項目が多く地上駅でしかできないことは、

 

「移動が楽」

「バリアフリー・楽( ベビーカー)」

「見通し効く」

 

など、公益性が高い項目が多かった。

また、いつも利用したい駅の構造についてアンケートでは地上駅が望ましいと答えた人数は橋上駅と答えた人数のほぼ倍という結果。

A ground station? Over-track station? But, in either structure, there are many items that can meet the needs,

"Easy to move"

"Universal design easy to move pushchair"

"The prospect is effective"

There were many items with high public benefit such as.

 

「結崎駅で何をしたい?」では、コンビニや飲食店、公園など、友達や家族と一緒に過ごせるような場所のニーズが強く、

また、観光案内所や子育て支援など住まいやすさと集客にも多くの関心が集まっていた。

In "What do you want to do at Yuzaki Station?", There is a strong need for places such as convenience stores, restaurants, parks, etc. where you can spend time with friends and family, Also, many interests were gathered for ease of living and attracting guests such as tourist information offices and child rearing support.

 

次いで、「常設?仮設?どこで?」では駅周辺整備エリア内での運用かエリア外での運用か、いずれが効果的かを分類し、それらが常設・仮設どちらが適しているかをさらに分類した。

民業を圧迫しないなど公共の場である点から、クリニックやチェーン店などはエリア外で代替出来る(すべき)ケースが多く、
エリア内では公益性が高く代替が難しい誰もが集まれる場所や待合スペース、子育て関連や学習スペースなどのニーズが多く分類された。

Next, we classified whether "permanent? Temporary? Where?" Is effective within the station peripheral maintenance area or out of the area, and further classified as to whether they are permanent or temporary.

In the area, there are many needs such as place where the public interest is high and replacement is difficult where everyone gathers, waiting space, child rearing relation and learning space etc are categorized.

 

「広場・ロータリーをどう活用する?」では駅周辺整備直後から可能な使い方、10年後、20年後からなど、いただいたニーズやイベントの開始時期を分類するとともにそれらに必要な設備などをその催す頻度などから常設・仮設どちらが望ましいかを分類。

結果、飲食を中心として皆で集まり賑わいを感じれる広場の使い方に興味・関心が強い傾向が見られた。

In "How do you use the square and rotary?", There was a tendency to be more interested and interested in how to use the square where people gathered and felt bustling, centering on eating and drinking.

 

さらに、皆さまにいただいた具体的なニーズのほか、

社会的・将来的に今後予測されるであろうニーズを取りこぼしがないようにピックアップ。

We also picked up social needs and future needs.

 

それらを説明の後、具体的なニーズ、社会的なニーズ、将来的なニーズなどから駅周辺整備で行う事業シナリオを個々に検討していきます!

After explaining them, we will consider individually business scenarios to be done by the maintenance around the station from concrete needs, social needs, future needs etc.!

 

下は公共施設が担うべき空間として求められる要素を集め、それぞれの相関を整理した図。

The following is a diagram that collects elements required for the space that public facilities should bear and organizes the correlation of each.

 

下は併設施設と広場を運用していくに当たって基本方針としてのスモールスタートのイメージ図。竣工直後は最小限の人員から始まり、イベントや施設利用者の増加に伴い徐々に規模を大きくしていく。

Below is an image diagram of a small start as a basic policy in managing facilities and squares. Immediately after completion, it starts with a minimum number of personnel, and gradually increases the scale as event and facility users increase.

 

 

分析の最後にニーズ分析と検討した事業シナリオを、町長4つの活力プラン(人・企業にとって魅力あるまちづくり・子供や子育てしている人にとってやさしいまちづくり・安心して暮らせるまちづくり・住民参加で開かれたまちづくり)との相関により、総合的に評価した。

At the end of the analysis, we comprehensively evaluated business scenarios studied and analyzed by the correlation with the four mayor plans.

 

分析の後、駅周辺整備計画のイメージ模型を公開!!

皆さまが模型の側へ集まり、疑問に思うところ、気になる点をひとつひとつお伺いしました。

After the analysis, the image model of the station surrounding maintenance plan is released! It is! Everyone gathered to the side of the model, I wonder, I asked you points one anxious one by one.

 

模型の登場により予定より押してその次のトピックへ。

分析や模型についてテーブルごとに話し合い、次回フューチャーセッション最終回のテーマとなる運営方式や事業方針について事例を紹介!

Introducing case examples of the management method and business policy that will be the theme of the next Future Session final round.

 

最後に総括を述べて閉会となりました。

 Finally, summarizing the content of presentations.

 

画像はフューチャーセッション第五回目の内容をまとめた壁新聞。

川西町内の公共施設の掲示板などに掲載されます!

 

お集まりいただいた皆様方、誠にありがとうございました!

次回は2月19日(日)開催予定。第五回FSに参加された方もされなかった方も、

次回のフューチャーセッションでお会いできるのを楽しみにしております!

Thank you for joining the Future Session despite your business.

We are looking forward to seeing you again, next time.

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

Archives
Please reload

最新記事 Recent Posts